臭いのレベルによって違う!わきがの治療方法

2月20日 - by admin

軽度なら切らない治療がおすすめ

独特の強い体臭になってしまうわきがですが、治療によって改善する事ができるんですよ。治療には色々な種類があるので、自分の症状に合ったものを選びましょう。臭いが軽度という場合は、切らない治療がおすすめです。ボトックス注射といって、わきが臭の原因となる汗を分泌を、抑える治療があります。この治療は薬剤を注射器で脇に注入するだけなので、治療自体が簡単なんです。わきがが軽度という方だけでなく、夏場の時だけ汗を抑えたいという方にも、おすすめですよ。

中度なら超音波での治療がおすすめ!

わきが臭が中度という時は、超音波法という治療を受けてみるのも、いいかもしれません。超音波法はわきが臭の原因、アポクリン腺を超音波で破壊する治療法です。皮膚は1cm程度、切開する必要はありますがアポクリン腺をピンポイントで破壊できるので、血管など他の組織を傷つけにくいんです。体への負担が比較的軽い治療なので、入院する必要もありませんよ。わき毛を残せる治療なので、男性のわきが治療にも超音波法は向いているみたいですね。

重度ならやっぱり剪除法

わきがの症状が重度という場合、やはりメスを使う手術を受けるのが1番の解決策です。剪除法という手術は現在、最も効果のあるわきが治療と言われているんですよ。わきの下を切って、そこからわきが臭の原因となるアポクリン腺という汗腺を、1つずつ取り除いていくんです。臭いの元となる汗腺がなくなるので、体臭改善の効果は絶大!メスを使う手術なので、少し傷跡は残ってしまいますが・・・。でも、傷跡は脇のシワと同化するので、ほとんど目立ちません。

腕の付け根の下の部分がツンと鼻につく臭がする症状を一般的にわきがと呼ばれます。欧米と比べ日本人の割合は少ないですが、食生活が乱れがちな人はこの体質が強くなる傾向があると言われます。