誰もが経験する!?カラコン利用でよくある失敗

1月21日 - by admin

レンズを裏表逆にして着用してしまう

一般のコンタクトレンズ利用の際にも良くある失敗ですが、カラコン利用時においても裏表逆に着用してしまい、違和感やゴロゴロ感がいつまで経っても消えずストレスを感じたという経験は大変多いものです。一日我慢して着用し続け、家に帰ってきてレンズを取り外し初めて裏表逆だった事に気付いた時の脱力感は半端無いものですよね。カラコンの裏表のカーブ形状は良く見れば誰でも簡単に判別出来るもので、コンタクト自体初めてという人はもちろん、慣れた人でも着用前のチェックは欠かせません。

目のサイズに合わない瞳サイズを選んでしまう

顔や目の大きさに対し著しく不釣り合いな瞳サイズのカラコンをチョイスしてしまい、周囲から「宇宙人」と呼ばれてしまうケースが大変増えています。本人から見れば目をぱっちり可愛く強調させたい目的でしょうが、周囲から見れば悪い意味で目立ってしまい、後で大いに反省する事になるものです。最初にカラコンをチョイスするなら試着可能な専門ショップを訪れ、最適な瞳サイズを確認しておくのがベストでしょう。一度このサイズが分かれば、その後試着不可な店頭買いや通販でもそれ程迷ったり後悔はしない筈ですよね。

使用期間の限度を超え着用し続けてしまう・・

多くのカラコンは一般のカラコンと比べ比較的丈夫に出来ているものの、その使用期間は長くとも数カ月であり、使用限度を超え年単位で使用し続けていると当然目への負担も著しく大きくなりますし、カラコン自体の劣化も大きなもとなってきます。ただでさえ目に大きな負担を掛けるカラコンですから、着用するレンズは出来るだけ新鮮さを保ち、ちょっとでもトラブルが生じたら即買い替える位の覚悟を持って利用した方が良いでしょう。ちなみに突然のトラブルにも対応出来る様、1モデルで複数個購入しておくのが理想的です。

カラコンは、色のついたコンタクトレンズのことです。使用することで、瞳が大きくみえる効果があります。瞳の色を外国人のような色に見せることもできます。